建築日記1 2004年から2009年まで


  09
 12月 31日

ありがとうございました。 

 早いもので、今日で2009年が終わります。
 今年1年色々な方にお世話になりました。
今年はいろんな意味で重要な一年だったと思います。人生のターニングポイントとなる年だったのではと感じております。
 来年は新たなスタートを切るつもりで、いろんな事にチャレンジしたいと思います。
それでは、皆様よい年をお迎えください。










  09
 12月 28日

「家づくりナビ」 
 12月28日発売の雑誌「家づくりナビ」((株)ケー・シー・シー出版)に「和を感じるキーワード」という記事で私の作品が掲載されています。
 是非、ご覧ください。



  09
 12月 9日

エコな授業 
息子1が通う朝日小学校で地球温暖対策の授業をしてまいりました。
朝日小学校はユネスコスクールに参加して山の学校の特徴を活かした環境教育に取り組んでいます。

私は6年生の授業に招かれました。
子供達は地球温暖化について自分たちで調べながら学んできました。
地球温暖化でどのような弊害があるのか から 始まり 温暖化対策にはCO2の削減が有効である事
大気中のCO2を減らすには木が重要な役割を果たしている事しり、山の手入れについて森林組合の人に習い、伐採現場の見学なども行っています。
また、昔の家は木や土を使って家を建てているので、エコな家である事なども調べておりました。
いやはや 大したもんです。

私の授業では、「木の働きと性格について」「エコな暮らし」について話しました。
子供達の純粋な目のかがやきに圧倒されました。
子供達に少しは役立てたかな?ちょいと心配。(-_-;)
とてもよい経験をさせていただきました。感謝デス。

未来の地球環境を背負う子供達に早くからこのような教育をしていくことはとても重要な事だと思います。
全校生徒17名の小学校ですが、とても良い授業が行われていると思います。







  09
 11月 28日

薪ストーブ室内煙突交換 
 わが家には薪ストーブが合計3台あります。どれも室内煙突はシングル管ですが、最近は室内煙突までが2重煙突が主流です。
 燃焼効率が良くなるとの事ですが、その理由が理解出来ないので、しかたなく、わが家のメインストーブ バーモンドキャスティング社のアンコールの室内煙突を断熱材入り2重管に交換しました。

 本日は気温も高く薪ストーブが不要だったのですが、燃焼実験のため少量の薪で着火。
着火時はシングル管よりもドラフトはドラフトが強いようです。
また、少量も薪でもじっくり燃えてくれるように感じました。

 本当に室内にも2重煙突が必要なのか半年かけて検証し報告いたします。


左が設置した6インチの断熱材入り2重煙突。右側がこれまで使っていたシングル煙突



  09
 11月 27日

小矢部の町屋座卓設置 
 今年の春に竣工した小矢部の町屋に長さ2.7mの座卓を設置しました。
 
座卓はホームセンター武蔵で売られているタモ材を使用。
柿しぶと米ぬかワックスで仕上げられています。

座卓を入れると空間が引き立ちました。
座して生活するスタイルも落ち着けて良いと思います。
ソファーとダイニングテーブルの無い生活スタイルも良いのではないでしょうか




  09
 11月 15日

JIA建築ウォッチング 
11月13・14日JIA(日本建築家協会)石川地域会恒例の建築ウォッチングバスツアーに参加してきました。
茅野市民館
茅野駅と連結させた市民会館 図書館と演劇ホールと音楽ホールなどの複合施設。JRの線路と平行に配置された細長い無柱空間
中村キース・ヘリング美術館
1980年代を駆け抜け1991年にHIVでなくなったキース・ヘリングの美術館。コレクションは中村さんの個人コレクション。自然の中にある小美術館。キース・ヘリングの作品と建築との関係が実によい。
ふじ幼稚園
外周183mの楕円形の幼稚園。内外共にガラスとなっており、中庭と外周部のけやきの森が均質な空間に変化を与えている。その屋上はデッキが敷かれ行き止まりのないかけっこ空間がとても気持ちよかった。
江戸東京たてもの園
日本のモダニズム重鎮 前川國男の自邸が保存されている。長年あこがれていた、前川國男の自邸を体験する事が出来て良かった。その他歴史的建物も残されているが1時間では全てを見ることは不可能。
また、機会があれば訪れたい。




茅野市民館


中村キース・ヘリング美術館


ふじ幼稚園


江戸東京たてもの園


  09
 9月 28日

小矢部の農家第3回建て方 
小矢部の農家の3回目の建て方です。
今回は納屋です。
年内に完成引渡しの予定です。
大工さん頑張ってね!





  09
 9月 16日

竣工後の聖霊教会 
 今年の春に完成した能登の教会へ5ヶ月ぶりに行ってまいりました。
久しぶりに牧師先生や奥様とお話しが出来、住み心地や使い勝手などなど色々聴かせて頂、楽しい時間を過ごす事が出来ました。

 今後もよろしくお願いします。


  09
 8月 31日

石引の保育園耐震改修工事耐震ブレース取り付け完了 
 石引きの保育園は築30年の鉄筋コンクリート造2階建ですが、耐震基準が変わってしまったため、現在の法律では構造上不適格となります。
 1階と2階に1ヶ所づつ写真のような鉄骨の耐震ブレースを取り付けます。


  09
 8月 26日

石引の保育園耐震改修工事耐震ブレース製品検査 
 石引きの保育園の耐震ブレースの製品検査へ行ってきました。
 この鉄の固まりが、地震時の揺れを軽減します。
 全溶接箇所を超音波試験でチェック。すべて合格です。
後はサビとめ塗料を塗り、週末に搬入と組み立てを行います。


  09
 8月 11日

小矢部の農家第2回建て方 
 小矢部の農家の2回目の建て方です。
本当に大きいでしょ!
大工さんご苦労様でした。




  09
 8月 7日

石引の保育園耐震改修工事着工 
 金沢市石引町にある保育園の耐震改修に伴い、冷暖房設備・トイレ・玄関ホールその他諸々の工事を行います。

 保育への影響が無いよう心がけますが、何かと不便が生じると思われます。期間中何かとご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。




  09
 7月 29日

小矢部の農家第1回建て方 
 小矢部の農家の建て方です。
大きな家なので2回に分けて建て方行われます。
 
 砺波平野でも伝統的な形態の建て物が少なくなっています。
今回は、伝統的な形態への回帰を試みております。
大工さんご苦労様でした。




  09
 7月 28日

小矢部の教会渡り廊下屋根
 
 内部工事が終わり、保育園との連絡廊下の建て方がほぼ終了
1週間ほどかかりました。
当初小屋組は見せない予定でしがご施主さんの希望により構造体を露出することになりました。



  09
 6月 5日

小矢部の教会改修工事着工
 
 以前会堂と玄関を改修した石動教会の1階を子育て支援センターとがくどう保育のための施設に改修します。
今回の工事も用途変更に合わせた間仕切りの変更だけでなく、構造補強と温熱環境の改善も同時に行います。
また、同敷地内の保育園と外部の渡り廊下でつなぎます。




  09
 5月15日

小矢部の町屋改修竣工
 
 2月に着工した町屋の改修は基礎の補強・構造の補強・断熱工事(外断熱)とほぼ新築同様かそれ以上の性能となり、新たな主人と共に新たな歴史がきざみ込まれて行くことを願っています。






  09
 4月11日

小矢部の農家地鎮祭
 
 散居村で有名な砺波平野に計画された大きな家の地鎮祭です。
年内竣工をめざしています。



  09
 3月3日

能登の教会竣工1ヶ月前
 
 昨年の秋に着工した富来町の聖霊教会の足場が外れ、外観が姿を現わしました。
 竣工は3月末の予定です。外構工事や備品工事を含めて最終的には4月中旬に完成するでしょう。
 また、ご報告致しますので、お楽しみに!



  09
 2月17日

小矢部の町屋改修
 
 小矢部の観音町にある小さな町屋の改修工事がスタートしました。

10数年使われておりませんでしたが、牧師館として生まれ変わります。
1階の床組は全て撤去。建物周囲の基礎と土台、掘っ立て柱の構造が現われて来ました。

この住宅は築50年が経っていますが、ずさんな増築工事がされていたので、増築部分は撤去。
新に3.5坪だけ増築し、同時に構造補強と断熱改修も行ないます。

土壁を利用した外断熱工法は、蓄熱能力が高いので、快適な家に生まれ変わるでしょう。
完成は5月後半かな

監督さん・大工さんも何度も一緒に仕事をしている人達です。
良い仕事をしてくれるでしょう。



  09
 2月15日

光格子家Ⅱ竣工間近
 
 1年ほど前から打合わせをはじめた光格子の家Ⅱがいよいよ完成です。
小さな家ですが、見所の多い家です。
 建物前面の格子・格子に囲まれたアプローチ空間・虹色の光が差込む4帖半の和室・大きな開口を持つリビング・はじめて挑戦した断熱ブラインドなどなど

 毎度のことですが、夏涼しく冬は暖かい家です。


  08
 11月28日

能登の教会上棟式
 
 26日から行われている、能登の教会の建方
28日に無事、会堂部分の構造体も組み上がり上棟式が
行われました。
 26日は快晴 27日は晴れ時々曇り 28日は激しい雨
でしたが、夕方には小降りになりました。
この季節雨が降るととても寒いです。28日からは会堂部分の急な屋根の工事です。
大工さん、くれぐれも事故がないよう気を付けて作業を進めてください。



  08
 11月3日

能登の教会起工式
 
昨年3月25日の能登半島地震で被災した聖イエス会聖霊教会の起工式が本日執り行なわれました。
 完成は来春3月25日を予定しています。
 信者の方々は自宅も被災していて、教会の再建は大変負担だったと思われます。
全国から寄せられた寄付などを加え今日から着工します。



  08
 11月1日

JIA写真展2008~残したいもの
 
今日から3日間11月3日までJIA写真展2008~残したいもの を10年前に閉校した上平小学校で開催しております。わが家から車で5分少々の距離です。どなたでもご覧頂けますので、是非お越しください。


  08
 10月30日

光格子家Ⅱ上棟式
 
昨日の天気予報では雨。
困ったな と思っていましたが、朝起きると快晴。絶好の上棟式日和となりました。
今日はスムーズに作業が進みました。
大工さんよろしくね!


  08
 9月21日

八日市出町家地鎮祭
 
ご夫婦お二人のためのコンパクトな住宅です。
完成は来年の初春です。
こう期待!


  08
 8月6日

暑中お見舞いもうしあげます
 
ジーン ジーン ギラギラ

今年も暑い日が続きますが、体調はいかがでしょうか。
わが家は今年もエアコン無し。
それに変わって、新兵器導入です。

昨年21世紀美術館で行われていた朝顔のグリーンカバーです。

わが家の外壁を覆いつくしそうな勢いで朝顔が生長しています。

お陰で、家の中が昨年よりも涼しいです。

朝・夕の水やりが日課になっています。

今年は、暑さを楽しんでいます。



  08
 6月14日

GALLERY・MA巡回展
 
現在金沢工業大学ライブラリーセンターで、GALLERY・MAの巡回展が開かれています。今年はアトリエ・ワンよ千葉学さんです。スケール1/20の模型は見ごたえが有りました。
 会期は明日15日17時までです。
興味のある方はお急ぎください。


  08
 5月9日

第30回金沢都市美文化賞を授賞
 
昨年完成した中屋町の家が、第30回金沢都市美文化賞を授賞いたしました。クライアントをはじめ関係各位に感謝申し上げます。5月28日が表彰式です。
楽しみ楽しみ!


  08
 4月27日

オープンハウスご来場御礼
 
 多くの方々にお出でいただき有り難うございました。混み合う時間もあり、お出でいただいた方々とお話しすることが出来ませんでした。この場をお借りして御礼申し上げます。また、機会がありましたら、オープンハウスを行ないますのでお越しください。


  08
 4月5日

オープンハウスのご案内
 
 この度クライアント様のご厚意により、4月26日(土曜日)神田の家のオープンハウスを行うことになりました。

 今回のオープンハウスに御参加を希望される方はメールもしくは電話にてご連絡ください。所在地等をご案内いたします。


  08
 3月25日

能登半島地震から1年
 
 能登半島地震から今日で丁度一年が経ちました。今日、地震で被災したキリスト教の会堂と牧師館の再建の契約をしました。竣工は来年の3月25日を目指しています。60坪ほどの小さな教会ですが、信徒の方々の祈りの場として、長く愛される建物を設計したいと思っております。


  08
 2月21日

JIA主宰「すわってみる住まいの模型展-巡回展」開催
 
 昨年11月に開催した「すわってみる住まいの模型展」の巡回展がトーヨーキッチン金沢ショールームで開催されました。23・24日には、トークショーなどのイベントもあります。もちろん参加は無料。今回はキッチンと家にスポットを当てた、展示となっております。是非足を運んでください。

おっと書き忘れる所でした。私も出展しています。


  08
 1月18日

神田の家のその後
 
 今朝はこの冬一番の冷え込み。しかし、お昼前から晴れ間が出てきたました。いつも現場打合わせが終るのが夕方なので、工事中の晴れ間で写した写真が少ない。明日から外壁張りの始まりです。楽しみ楽しい



  08
 1月1日

謹賀新年
 
 あけましておめでとうございます。
旧年中も多くの方々にお世話になりました。ありがとうございました。
 本年は年男です。色んな意味で大切な年になりそうです。今まで以上に精進して行きたいと思っております。
皆様もよい年になるよう祈っております。



  07
 12月23日

薪割
 
 今年の初冬は、雨の日がやたらと多く、なかなか冬支度が出来なかったが、今日は朝から天気が良かったので薪割をした。
 わが家では、3台の薪ストーブがあり、薪の確保が一仕事である、幸い、自宅以外は、建築工事で出てくる端材が中心なので、さほど苦にならないが、自宅は堅木を蒔きにしている。
 今割っても今年使えるわけではない。今割ったものは2シーぅン後の再来年に使う予定である。
 今年は灯油が値上がりしているので、薪ストーブが見直されているが、今年分の蒔きはどうするんだろう。乾燥薪を購入すると、灯油以上の金額が掛かるのだが・・・・




  07
 11月23日

神田の家建方初日
 
 今日は神田の家の建方初日でした。寒い日でしたが、大工さん達が頑張りで、初日は大屋根の母屋掛けまで完了です。この時期晴れる日は少ないのですが、幸い雨は降りませんでした。明日の雨が降らなければ良いのですが。
神田の家は来年4月完成予定です。




  07
 11月19日

初積雪
 
 金沢は夜からチラホラ雪が降りだしましたが、わが家はうっすら雪化粧をしました。
 根雪になることはないと思いますが、寒さが厳しくなってきました。
 皆様も風邪などひかぬよう、気を付けてください。




  07
 11月18日

 JIA「すわってみる住まいの模型展」その3
 
 私が「すわってみる住まいの模型展」に出展している模型の一つです。
この建物は現在工事中で、今週末に建方を行なう予定です。





  07
 11月17日

 JIA「すわってみる住まいの模型展」その2
 
 「すわってみる住まいの模型展」は、3日間で来場者数が200人を越え、大変皆様の反響も大きく、主催者の一人として、喜んでおります。
 17日には北陸中日新聞や建設工業新聞に、18日にはMROのホクトクで模型展の模様が放映され、一般の方々の来場者も増えております。

残り3日間更に来場者を増やしたいと思います。このHPをご覧になった方は是非、会場へ行ってご自身の目で模型をゆっくり見て頂き、すまいの模型に込められた建築家のメッセージを感じ取ってください。

なお、MROで放映された映像をyoutubeにアップしました。 こちらをクリックしてください!




  07
 11月16日

 JIA「すわってみる住まいの模型展」

 
JIA北陸支部石川地域会主催の「すわってみる住まいの模型展」が、
11月16日(金)から21日(水)まで、山岸製作所ショールームにて
開催されます。
私は一応責任者に任命されていますが、廻りの方々の強力なサポートにより、開催にこぎつけることが出来そうです。

石川建築家会議の会員・準会員30名が出展しておりますので
是非、お知り合いを誘ってご覧ください。

会期中下記の予定でトークショーを開催します。
その他、宝探し(毎日)やプレゼント抽選会(17日 土)など、視るだけでなく
体験してもらう展示を御ゆっくり楽しんで下さい。


●住まいのスペシャルトーク&ティータイム
17日(土)14:00~17:00
「建築家といっしょに家をつくってみませんか」が開催されます。




  07
 9月14日

 神田町の家地鎮祭
 
 金沢の神田町で2世帯住宅の工事が始まります。来年の3月に完成予定です。年内は外壁の工事を済ませて、年明けから内部工事をして春の訪れと共に入居予定です。



  07
 9月 3日

 南紀への旅行
 
 夏休みの最後に子供を連れて、友人の住む南紀へ行ってまいりました。
 観光地で有名な白浜から30分ほど南下した日置町と言う所です。
昔は木材で栄えた町だそうです。
 海の景色は大変美しく、水も大変奇麗です。暖流の影響で水温が高く9月でも海水浴が楽しめるようです。


 日置町で昔の家並みが残っているところを散歩していると、大変きれいに手入れされた町屋が軒を並べる通りを発見。
 海岸の町なので、風対策のために漆喰を使った屋根が特徴的でした。
 また、暑さ対策の格子と簾戸もきれいに使われておりました。冬場は簾戸の代わりに障子戸に入ると思われます。

 所々土蔵が残っております。
やはり、風が強いので、蔵が見当たりません。置き屋根だと飛んで行ってしまうのでしょうか。
湿気対策で床が上げられています。
 このお宅は木材商の御宅とのこと。内部の作りも良いのではないかと想像しております。
次回伺う時は、内部を見せてもらえるように、お願いしてもらういます。
それまで、残っていてよ!


 このあたりは、観光地化されていないので、ゆっくり街並みを楽しむ事が出来ます。通りも狭く、上から2枚目の写真の通りは広い方です。
わき道は車が通れない道もたくさんありました。

 この建物などは、町の文化財に指定されても良い建物だと思いました。
実情がどうなのかわかりませんが、このような、建物を残す努力をしなければ、気が付くと、ハウスメーカーがやってきて、とんでもないものを建ててしまうでしょう。
官民一体となった取り組みが必要だと思われます。
しかし、今後は行政もお金がなくなり、観光地化されていない土地にはお金を使えない状況になると思います。

 この土地の独自性を後世に残す事は、大切なことです。
 もう少し、日置町について、調べてみたいと思います。


  07
 8月27日

 桜木幼稚園改修工事完了間近
 
 夏休み期間を利用して、桜木幼稚園の改修工事を行ないました。
 工期1ヶ月のタイトな工事でしたが、猛暑の中、大工さん達始め、工事関係者の全ての人の頑張りお陰で、どうにか予定内にほぼ、工事が終りました。
 今日から新学期。園児の笑顔を見ること、疲れもふっ飛びました。



  07
 8月26日

 ASJ住宅セミナー「夢をかたちに-住宅が出来るまで」
 
 本日ASJ高岡砺波スタジオで、住宅セミナーを開催しました。午前中から日差しが強く暑さが厳しい日でしたが、9人の方が参加して頂きました。ありがとうございました。
 住宅が完成するまでには、色んな事がありますが、ハードルと一つ一つ乗り越え、楽しく家づくりが出来るようにサポートしていく事も、建築家の使命だと思っております。
 今後供、クライアントと一緒になって作る家づくりを楽しんで、クライアントに喜ばれる住宅を作ってゆきたいと、意を新たにいたしました。



  07
 8月20日

 久しぶりの雨
 
 20日に日付が変わったあたりから、雷が鳴り出し、稲光と雷鳴と共に久しぶりの雨が降り出した。
 こんなに連続した稲光は珍しい。多い時は同時に複数の稲光が発生していた。その時は一瞬真昼のように明るくなり辺り一面を照らし出した。
 下の写真は動画を駒おくりした写真だが、稲妻発生から消滅までのわずか0.7秒のドラマを捕らえたものである。
 今回の稲妻は恐いというより、美しさに感動した。自然が作り出す芸術かもしれない。



  07
 8月18日

 いろいろな催し物
 
 私が以前勤めて設計事務所の50周年記念のイベントへ行ってまいりました。大変良く出来た展示でした。
私が在籍したのは50年の内のほんの9年。しかも13年前のこと。時間の経過を感じました。
 その他、県立美術館でヴィクトリア&アルバート美術館所蔵浮世絵名作展と21美のグレイソン・ペリー展も見てきました。
 ハードな日程でしたが、色んな刺激を受けてまいりました。



  07
 7月19日

 上田宏氏による竣工写真撮影
 
 中屋町の住宅が完成しました。
昨日の夕方と今日の午前中、カメラマンによる写真撮影でした。久しぶりに写真家による写真撮影なので、出来あがりが楽しみです。


  07
 6月20日

 ギャラリー・間20周年記念展
日本の現代住宅1985-2005

 
 建築界では有名なギャラリー・間の20周年を記念して企画された日本の現代住宅1985-2005展が金沢工大のライブラリーセンターで開催されています。(7月6日まで)
2005年にギャラリー・間で開催されてから、全国を巡回して、今回の金沢が最後の開催地となります。見逃した方は是非。




  07
 6月14日

 建築家Catalogue リレートークショー
「これからの木構造の可能性について」

 
 能登半島地震や他のイベントの関係で建築家Catalogueのリレートークショーが延期に鳴っておりましたが、6月16日に奈良県から木構造建築研究所の田原さんをお呼びして、講演を行ないます。参加は無料ですので皆さんおいでください。
詳細はこちらからどうぞ
インフォメーションが遅くなり申し訳ありませんでした。




  07
 5月25日

 中屋町の住宅完成間近
 
新興住宅地に突如出現した和感住宅。内部の大工工事も終了。内部の最終仕上げ工事と外構工事を残すだけとなりました。
6月末には完成するかな?


  07
  5月13日

 石川インテリアデザイン賞 大賞授賞
 
 昨日、石川インテリアデザイン賞の表彰式に出席しました。午後8時よりニューグランドホテルで行われました。
優秀な作品の中から、七尾の家Ⅱが大賞を受賞しました。名誉有る賞を頂き、クライアント・審査員・工務店など、七尾の家Ⅱの建設にかかわった全ての方に感謝しております。

 この授賞をきっかけに更に良い建物を設計出来るように研鑽に影みたいと思います。



  07
 4月12日

 能登半島沖地震その2
 
能登地震で最も被害が大きかった門前で住宅相談のボランティアをしてまいりました。被害状況を調査し、修繕方法のアドバイスを行なうのが、主な仕事です。
でも、それだけではありません。生活の不安や修繕の費用などの心配など諸々の課題が被災者を苦しめております。我々と話をして、精神的ストレスが和らいだという話しを聞き、少しお役に立ててt良かったと思いました。

被害の状況についてですが 完全に倒壊した建物も数多く有りました。そのような建物はかなり老朽化していたように思われます。
 今回の調査で、私なりに感じたのは、壁の有無により、被害状況がかなり違うことです。
写真のような、前面にほとんど壁のない建物は、震度6強の揺れに耐えられなかったようです。

また、新しい建物には、外観からの目視では、構造的なダメージはないように思われました。
また、月末にも参加いたします。


  07
 3月25日

 能登半島沖地震
 
今朝9時42分頃能登半島沖で地震が発生し、石川県で全壊50戸、半壊251戸、死者1名の被害が出た。
被害の大きかった七尾市で就航した物件2件を含め、私の設計した建物には影響が有りませんでした。
被災した方々には、お見舞い申し上げます。


  07
 3月10日

 セミオーダー住宅
 
新しい企画住宅です。クライアントの土地に4人家族を想定したコンパクトで充実した装備の住宅を提案しております。
施工費込で2200万4月いっぱいの価格です。
ライフスタイルに会わせて変更も可能です。




  07
 2月28日

 中屋町の家の建方
 
時より小雨の降るあいにくの天気でしたが、前日クレーン無しで大工さんが2階床梁まで建ててくれたおかげで、屋根のルーフィング葺まで、無事完了・午後は天候も回復して暖かくなったが、午前中はとても寒かった。
 この時期に建方をしたのは、はじめてのこと。暖冬のおかげです。


  07
 2月5日

 息子1の勉強机作り1
 
いよいよ、我が息子1も今年の春から小学1年生。
間仕切の無い空間に家具でしつらえる子供部屋を作ることにした。勉強机とサイドボードそれに本棚は日曜大工で作ることにした。
昨日、大工さんの加工場で板を切り出し、本日机とサイドボードの外枠を組立完了。
最近日曜大工とは、言わず、DIYと言うらしい。
DIYとはDo It Yourself の頭文字をだそうです。


  06
 11月29日

 桜木幼稚園
 
昭和36年に設計された寺町の桜木幼稚園へいってきました。園庭に大きな桜の木が2本あり、歴史を感じました。この風情を大切に残した改修をしたいと思います


  06
 11月14日

 七尾の家Ⅱ完成間近
 
黒い壁は、クライアントご自身が施工した珪藻土塗り。機具付けをして、建具を入れると完成です。しっとりとして、落着いた空間に仕上なるのでは。
楽しみ楽しみ


  06
 11月11日

 中屋町の家の地鎮祭
 
3人家族のための住宅です。工事着工までにはもう少し時間が必要ですが、しっとりとした佇まいの住宅に仕上げたいと思います。


  06
 10月 7日

 七尾の家Ⅱ塗装工事
 
木部の塗装はクライアント自ら行ってもらいました。杉板の木目がきれいに浮き出てきました。塗装の指導が私の仕事です。慣れと共にきれいな仕上りになってきました。ご苦労様です。
自分の家の建設に直接携わる事はとても良い事だと思います。


  06
 9月27日

 小矢部青葉保育園
 
夜景が美しかったので、もう一枚写真を追加しました。
ようやく、玄関廻りの増築も終ります。
運営しながらの改修工事だったので、工程海里なども難しく、施工は苦労の連続でした。皆様もうしばらくですから、頑張ってください。


  06
 9月25日

 小矢部青葉保育園
 
玄関部分の仮間仕切が外され、玄関がもう少しで使えます。なかなか、落着いた雰囲気になったな。


  06
 8月 2日

 七尾の家Ⅱのソラー発電パネル設置
 
七尾の家Ⅱの目玉設備の一つソーラー発電パネルを取付ました。はじめてソーラー発電を設計に導入しましたが、取付方法も含めてかなり、研究しました。どんなパフォーマンスを発揮してくれるのか楽しみです。


  06
 7月 5日

 七尾の家Ⅱアプローチ部分の建方完了
 
鉄骨構造部分の建方が終り、外観の骨格が出来てきました。間口12mの開口はなかなかの迫力です。


  06
 6月 8日

 七尾の家Ⅱ建方
 
好天に恵まれて、3日間にわたる建方が無事完了しました。
工事に携わる皆さん、よろしくお願いします。
  


  06
 5月21日

 福光青葉幼稚園竣工式
 
この幼稚園から将来の日本を担う子供たちがしたってくれることを心から願っております。関係者の皆様、本当にお世話になりました。
これからも、よろしくお願いします。


  06
 4月 6日

 七尾の家Ⅱ地鎮祭
 
いよいよ、工事が始まります。長丁場の現場となりますが、工事中の安全とクライアントが満足して頂ける建物になるよう、祈りました。

    




  06
 3月19日

 福光青葉幼稚園竣工間際
 
内部工事がほど完了しました。
かなり、ローコストな幼稚園ですが出来栄えは上々です。
 外構工事が残っているので、もうひとふん張り


  06
 3月 9日

 福光青葉幼稚園足場解体
 
大雪で1ヶ月間工事が中断。1月の中旬から、遅れを取り戻そうと、現場が一体となって夜遅くまで、作業をし、どうにか、1ヶ月と1週間遅れで足場を解体。遅れを取り戻さなくては。


  06
 1月16日

 福光青葉幼稚園屋根葺き再開
 
あと2日雪の降り始めが遅かったらと、自然を恨んでも仕方ないが、1ヶ月以上屋根工事が出来なかったが、雪が小康状態になったので、屋根の雪を下ろして、屋根工事を再開。みんなガンバテ下さい。


  05
 12月22日

 柳橋の家竣工間際
 
自分で言うのもなんだが、なかなか良い家に仕上がってきました。現場途中で色彩計画を変更したので、出来あがりが心配であったら、シックでモダンな家に出来あがりそうです。


  05
 12月 7日

 福光青葉幼稚園鉄骨工事完了
 
鉄骨工事が終り、屋根を葺いたら、内部工事が始まります。春には新しい園舎が完成します。これから寒くなりますが、みんな風邪などひかぬよう頑張りましょう。


  05
 11月24日

 福光青葉幼稚園鉄骨建方
 
鉄骨工事が終り、屋根を葺いたら、内部工事が始まります。春には新しい園舎が完成します。これから寒くなりますが、みんな風邪などひかぬよう頑張りましょう。


  05
 10月16日

 間明町の2世帯住宅完成間際
 
外構工事も、ほぼ終り、内部もクリーニング待ちです。あとは建具の組み込みを残すのみをなりました。
お風呂と和室を共有する2世帯住宅です。


  05
 10月07日

 柳橋の家建方
 
好天に音ぐまれて、建方が順調に行われました。大工さんはいつもの森下住建です。頼むよ。


 05
 8月27日

 間明町の2世帯住宅
 
足場が取り払われました。上下にわかれた2世帯住宅です。中庭を介して2世帯のコミュニケーションが計れるように計画しました。


 05
 5月24日

 間明町の2世帯住宅建方
 
小雨の降る中の建方のなりましたが、チームワークの素晴らしい森下住建なので、予定通り2日間で屋根のルーフィング葺きまで完了。求君よろしく


 05
 4月 8日

 城端の家Ⅱ竣工
 
とても景色の良い城端の郊外に完成した住宅。散居村の町にふさわしい現代の住宅の在り方を模索しました。


 04
 12月18日

 城端の家Ⅱ建方
 
寒い中の建方となりましたが、皆さん頑張ってくれました。


  04
 11月24日

 神谷内の家完成間近